車査定後の事故に関するトラブル例

車査定後の事故に関するトラブル例

車売却を行った方は、稀に失敗をしてしまっている場合があります。その1つは、引き取り日までの事故ですね。
ある方は、ある車の買取業者で査定を受けました。そして数日後に、車が引き取られるという話になったようです。
ところがその方は、ちょっと事故を起こしてしまったそうなのです。その結果、車の塗装の一部が剥げてしまったようですね。あまり大きな傷ではないのですが、ごまかせるレベルのものではないそうです。

 

引き取り日までは車には乗らない方が良い

 

実は上記のような事例は、車買取では稀にあります。そのような事が起きれば、やはり車の金額は厳しくなってしまうでしょう。場合によっては、再査定になってしまうと思います。
このような事がありますので、車を売却する事が確定になった時は、もう車に乗るのは避ける方が良いです。ちょっとその数日間だけは我慢して、レンタカーなどを利用する方が良いと思います。交通事故というのは、いつ発生するか分からないからです。もちろん肝心の車は、安全な場所に保管しておくべきなのは言うまでもありません。

 

速やかに引き取ってくれる業者が好ましい

 

それと上記の事例の場合は、ちょっと日にちが空いてしまっているのも問題ですね。日にちが空いてしまえばその分事故の発生率も高まってしまうので、できれば空かない業者が良いと思います。
理想を申し上げれば、即日引き取りができる業者がベストです。その日に引き取ってもらえれば、上記のようなトラブルが発生することも無いでしょう。
このように車買取では、査定日から引き取り日までの期間は注意を要します。いつも以上に厳重保管をしなければならないからです。それを考慮すると、車買取では業者選びや車の保管方法などは大切だと思います。
ハイエースの下取り

関連ページ

動かなくなったトラックを兵庫県のある業者に売却した知人
簡単に高額で車買い取りをしてもらえる方法